2008年10月01日

ウイルスバスター2009を使っています

 私のPCでは、以前からウイルス対策ソフトとしてトレンドマイクロのウイルスバスターを利用していますが、先日新しいバージョンウイルスバスター2009が発表されたので早速利用しています。
 ウイルスバスターは2007では急に機能が増えた分、とても動作が重いものでした。2008になってメモリ使用量半減等、動作に重点が置かれるようになりました。他社のウイルス対策ソフトもその傾向があるようです。
 ただ、私が普段利用しているノートPCはモバイル用であることもあってCPUが非常に非力です。(LOOX T)そのため、2007から2008にしたときは確かに軽さを感じましたが、それでも重いため、ほとんどの機能をOFFで利用していました。

 で、今回の2009ですが、これは確かに軽くなっていますね。
 以前のバージョンの場合、起動した直後はパターン更新が動作して、数分CPUが100%の状態が続いてしまい、実質作業ができない状態でした。2009ではそんなことはなく、起動直後からすぐに利用できます。
 また、以前はOFFにしていた他の機能もONにしても、重さを感じることはなくなりました。

 というわけで、2009は軽快さを売りにしていますが、今回は偽りなさそうです。

 まあ、よくよく考えると、ユーザの利用に不快感を与える常駐プログラムそのものがおかしいのですけどね。
 あとは、この機能でWindows2000でも動作すると良いんですけど..2000のサポートは、一番重い2007が最後、パターンファイルはたしか今年いっぱいだった気がします。

 下記から無料体験版がダウンロードできます。
 他社利用の方や、PC購入時にお試しが入ったままで更新していない方はこの機会に利用してみたらどうでしょうか。

トレンドマイクロ・オンラインショップ

トレンドマイクロ・オンラインショップ

トレンドマイクロ・オンラインショップ


リンクシェア レビュー・アフィリエイト
posted by oxygennet at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。